フィリピンニュース(色々)

嘘かホントか?!現地の不思議情報お伝えします。

マニラのコロナ成長率は減少傾向。。。

マニラ首都圏では、

コロナ感染者は増加していますが、

その成長率は着実に減少している。。。

との事。

 

OCTAは1月15日から

保険省は1月末頃がピークであろう。。。

との事です。

 

newsinfo.inquirer.net

マニラ、フィリピン - 独立系分析グループOCTA Researchは土曜日、マニラ首都圏におけるCOVID-19感染者の1日の増加率が「着実に減少している」と発表した。

 

"NCRの1日の成長率(新しいケースの7日間の移動平均に基づく)は着実に減少している。日前の5%から、現在は3%に減少している。OCTA ResearchのフェローであるGuido David氏はTwitterで、「1日の成長率がマイナスになると、NCRの新規症例は減少している」と述べた。

 

デイビッドによると、日次成長率とは、新規症例の「7日間平均を用いた前日からの増加率」のことである。

 

一方、OCTAリサーチフェローによると、マニラ首都圏コロナウイルス感染者の再現数も1月10日時点の3.77人から1月11日時点の3.22人に減少しているとのこと。

しかし、David氏は、増加率の減少は「NCRのトレンドがピークに達したと思われる強い証拠」であるが、データのバックログや報告の遅れがあることを指摘した。

 

一方、

保健省は先に、毎日の集計には抗原検査で陽性となった人は含まれていないため、実際のCOVID-19感染者数は報告されている数よりも多い可能性があると述べている。

 

保健省次官マリア・ロサリオ・ベルゲイラは先に、COVID-19感染者は1月末にピークに達する可能性があり、ピークに達した後は感染者が徐々に減少すると述べている。

 

 

>PVアクセスランキング にほんブログ村<