フィリピンニュース(色々)

現地情報をお伝えします

アメリカに渡ったフィリピン看護師たちの歴史

かなり長文で、間違いもあるかも知れませんが。。。

 

アメリカでのフィリピン医療従事者

についての歴史について

Timeから。。。

 

この記事を出してる人たちが、

捨て駒の認識を持っている事が

まだ救いではあります。

 

 

time.com

エイズからCOVID-19まで、アメリカの医療システムは最前線で戦うフィリピン人看護師に依存してきた長い歴史がある。

 

パンデミックの初期、64歳のフィリピン系アメリカ人看護師スーザン・キャスターは、全国的にPPEが不足していたため、標準的なサージカルマスクのみを着用して、ニュージャージー州トムズリバーにあるコミュニティ・メディカル・センターの移行期病棟で患者のケアをしながら巡回していました。その時、彼女の病棟の患者からCOVID-19の陽性反応が出ました。

 

2020年4月7日、Castorはめまいと脱力感を感じるようになりました。その3日後、彼女は嗅覚を失い、自ら陽性反応を示した。幸い、キャスターは新型コロナウイルスに感染しても回復しましたが、他の多くのフィリピン人医療従事者は回復しませんでした。

National Nurses Unitedによると、2021年4月の時点で、COVID-19の合併症で死亡した看護師の24%がフィリピン人でしたが、フィリピン人は米国の全登録看護師の4%しか占めていません。


出稼ぎのフィリピン人看護師がアメリカの病院や救急病院の最前線で活躍するのは、今に始まったことではありません。

 

19世紀後半にアメリカがフィリピンを植民地化した後、アメリカのつぎはぎだらけの医療システムの人員不足を補うために、特に医療危機の際にはフィリピン人の医療従事者に頼ってきた。1960年以降、15万人以上のフィリピン人看護師が米国に移住しており、2019年には米国の正看護師20人のうち1人がフィリピンで訓練を受けています。


"フィリピン人看護師がいなければ、米国の医療システムは麻痺していたでしょう "と、ウィリアム・パターソン大学看護学教授兼学科長のレオ=フェリックス・ジュラード氏はTIMEに語っています。"医療システムが安全に存在することは、ほとんど不可能だったでしょう。"

 

移住してきたフィリピン人の医療従事者が、どのようにしてアメリカの医療システムにおいてこのような重要な役割を果たすようになったのか、その歴史は複雑なものです。アジア系アメリカ人・太平洋諸島人関連遺産月間では、多くの歴史家がジュラード氏と共に、20世紀から現在に至るまで、彼らの重要な関与がどのようにアメリカの医療システムを形成したかについてTIMEに語ってくれた。

 

慈悲深い同化とは
1898年、米西戦争後のパリ条約により、アメリカはスペインからフィリピン諸島を購入しました。ウィリアム・マッキンリー大統領は、フィリピン国民の支持を得て政権交代を容易にするために、フィリピンの植民地化は「慈悲深い同化」であり、個人の権利や自由が十分に保障されていると主張した。

 

当時のフィリピンには、主にスペインの植民地政府や宣教師によって設立された医療用の病院や診療所がほとんどなかったと、ジュラードは言う。戦時中、兵士の間で感染症や伝染病が蔓延していたため、アメリカ兵が組織して医療システムを立ち上げたのです。アメリカ植民地政府とアメリカ人宣教師はこの活動を継続し、イロイロ・ミッション・ホスピタル・スクール・オブ・ナーシングやセント・ポール・ホスピタル・スクール・オブ・ナーシング、フィリピン総合病院スクール・オブ・ナーシングなど、西洋化された看護学校や医療システムを設立しました、とジュラードは言います。

 

「これらの西洋化された病院や看護学校は、『博愛』の政策の一環でしたが、不平等な歴史を覆い隠していました。アメリカ人がフィリピンにいたことを正当化する理由の一つは、彼らが『文明人』であり、フィリピン人は『未開人』であったからです」と、カリフォルニア大学バークレー校のエスニック研究の教授であり、『Empire of Care』の著者であるキャサリン・セニーザ・チョイ氏は言う。Empire of Care: Nursing and Migration in Filipino American History』の著者であるカリフォルニア大学バークレー校の民族研究教授、キャサリン・セニーザ・チョイ氏は語る。


アメリカがフィリピンを植民地化していたこの時期、アメリカに行くためのビザは限られていた。しかし、フィリピン人看護師のエリートグループは、トレーニングを受けるためにアメリカに渡り、アメリカで看護師として働くことで名声と社会経済的な流動性を得ることができました。

 

ジュラードとチェニーザチョイによると、フィリピンに帰国した看護師たちは、訓練病院や看護大学のアメリカ人看護師の指導者やその他の教員に取って代わり、その地位を確固たるものにした。

 


INAは、アメリカの医療システムにおいて看護師の必要性が高まっていた時期と重なります。従来、看護師や教育者は女性の仕事だと考えられていましたが、60年代後半に女性運動が盛んになると、アメリカの女性は伝統的な性別にとらわれない職業に就く機会を得ることができるようになりました」とCeniza Choy氏は言います。

 

さらに、1965年にメディケアとメディケイドが導入され、より多くの人が医療サービスを受けられるようになったことで、医療サービスに対する需要が急増しました。1966年には、メディケアだけで1900万人のアメリカ人が登録しました。

1967年には、アメリカで働く道が増え、アメリカの医療制度にも大きな負担がかかるようになったため、フィリピンはアメリカへの看護師の輸出において世界的なリーダーとなった、とジュラードは言う。


1970年の移民法改正により、外国人労働者がH-1ビザ(就労ビザ)を使って一時的に働くことができるようになったことで、人材紹介会社はさらに多くの海外のフィリピン人労働者を国内に配置する機会に飛びついた。1972年から1978年にかけて、H-1ビザで入国した看護師の60%がフィリピンで教育を受けていた。

 

フィリピン政府が資本を投入してフィリピン人医療従事者の輸出を促進したことで、フィリピンからアメリカへの看護のパイプラインはさらに強固なものとなった。

 

看護は経済発展のためのパスポート」と
アメリカの植民地時代の教育制度の名残で、フィリピン人の多くは、アメリカに行ったことがないにもかかわらず、アメリカの文化や生活様式を学んで育った。

また、INAが制定された時期は、フィリピン諸島全体で失業率が高かったこともあり、海外でより高い給料を得ようとする経済的なインセンティブが働いていた。1946年に独立した後、フィリピンは経済発展が滞り、縁故主義汚職が蔓延し、20世紀半ばから後半にかけてフィリピンペソの価値が下落したのである。

 

「ジュラードは、「アメリカに来れば、多くの人の生活を向上させることができるという経済的な約束がありました。"経済発展のためのパスポートです。"

1966年から1986年まで在任したフェルディナンド・マルコス元フィリピン大統領は、フィリピン人看護師の需要を「(フィリピンが)利用すべき市場」と考えていた。

ジュラードによると、マルコスは海外の労働者から送られるお金が国の経済を支えると考えていたという。アメリカに出稼ぎに来ているフィリピン人看護師は、国内の病院に比べて格段に高い給料を得ているため、フィリピンの家族を養うために母国に送金することが多く、その習慣は今も続いている。

海外労働者からの送金は、1978年には約2億9,080万ドルだった経済を、2005年には107億ドルにまで押し上げました。2017年のBangko Sentral ng Pilipinasの発表によると、312億9000万ドルの個人送金は、国内総生産GDP)の10%、国民総所得(GNI)の8.3%を占めています。

 

マルコス政権下で、政府は後にフィリピン海外雇用庁(POEA)となる機関を設立し、海外の雇用主に契約労働力を提供し、フィリピン人の医療従事者、家庭内労働者、船員などの海外雇用を制度化し、活用した。また、海外の雇用主のために労働力を確保するための民間の人材紹介会社も登場した。

 

マルコス政権下で、政府は後にフィリピン海外雇用庁(POEA)となる機関を設立し、海外の雇用主に契約労働力を提供し、フィリピン人の医療従事者、家庭内労働者、船員などの海外雇用を制度化し、活用した。また、海外の雇用主のために労働力を確保するための民間の人材紹介会社も登場した。


マルコスは、共産主義者による破壊行為や「反乱」の恐れがあるとして、1972年に14年間にわたる国家戒厳令を発令した。マルコスは1972年に14年間にわたる戒厳令を発令したが、政情不安から逃れるためにINAやEVPを利用するフィリピン人も増えていった。

 

「マルコスの長期政権下で、彼は『アメリカが何千人もの看護師を必要とするなら、我々はもっと多くの看護師を提供する。「彼のおかげで、フィリピン人看護師は英雄として称えられるようになったのです。フィリピン人看護師が英雄として称えられるようになったのは、彼のおかげです。"彼らがフィリピンに送金したおかげで、家族の生活が豊かになったのです。

 

マルコスとその家族は、1986年に「ピープルパワー革命」と呼ばれる革命を起こしてフィリピンを脱出し、世界最大の労働力輸出国のひとつを残しました。フィリピン人は、数ヶ月から数年に渡って家族と離れて海外で働き続けており、その精神的・社会的コストを多くの人が批判しています。

 

搾取、賃金差別、人身売買
アメリカは市民を癒すためにフィリピン人医療従事者に頼ってきましたが、アメリカの医療機関がフィリピン人労働者を必ずしも親切に扱ってきたわけではありません。1960年代以降、アメリカの医療システムは、特に健康危機の際に、人手不足の病院で働くフィリピン人看護師を雇うという「歴史的パターン」を持っていた、とCeniza Choy氏は言います。

1980年代にアメリカでHIV/AIDSが流行した際、アメリカ生まれの医療従事者の中には、AIDS患者の治療を公に拒否する人もいました。アメリカ医師会は1986年にエイズに関する声明を発表し、エイズ患者を治療することが「感情的にできない」医師には、他の医師を紹介することを認めています。ジュラードをはじめとするフィリピン人看護師は、国内の看護師の穴を埋めるために移住しました。1980年から1990年にかけて、アメリカのフィリピン人人口は77万4652人から140万677人に急増した。

 

フィリピン人看護師は、搾取や賃金差別などの問題を抱えており、その歴史は今も続いています。ジュラードによると、詐欺的な人材紹介会社や一部のアメリカの医療施設では、フィリピン人看護師に機会や高給を偽って誘い、後に安全でない労働条件での長時間労働を強要し、時にはビザを取り消すという脅しをかけてきたという。2019年には、200人のフィリピン人看護師が、ニューヨークの介護施設グループのオーナーが、契約で約束された賃金が支払われず、不十分な人員配置で安全でない環境で働かされていると主張し、人身売買訴訟で勝訴しました。


今日に至るまで、外国で教育を受けた看護師は、都心部の公立病院や地方の医療施設など、アメリカ生まれの看護師を採用するのが難しい病院に派遣されることが多く、人手不足や資源不足に陥ることも少なくありません。

 

「このような医師や看護師は、ホワイトカラーの保護を受けていない、必要不可欠な労働者のいる地域で働いています。ハーバード大学の医学史の助教授であるEram Alam氏は次のように述べています。「これらのことが相まって、アメリカでは誰が使い捨てにされると考えられているのかを示唆していると思います」。

これらの配置は医療従事者にとって不平等なシステムを生み出していますが、COVID-19パンデミックではこれらの状況が致命的であることが証明されました。PPEの欠如に加え、フィリピン人看護師はベッドサイドケアや救命病棟で働くことが多いため、リスクが高くなっています。

 

ナショナル・ナース・ユナイテッドの共同代表であるゼネイ・コルテスは、「働く場所によっては、感染の危険性があり、さらには過剰に感染する可能性もあります」と語ります。「フィリピン系アメリカ人がCOVIDの被害に遭う率が高いのは、私たちの文化のせいだと思います。私たちは患者を家族のように大切にしています。私たちはとても献身的で、何度も泊まり込みます。

キャスターは、COVID-19との戦いのために定年退職したフィリピン人看護師を何人か知っていると述べ、国内のフィリピン人看護師の献身的な活動についてコルテスの気持ちを代弁しました。キャスターは、自分が担当している患者がCOVID-19の陽性である可能性を知っていたにもかかわらず、その患者に必要なケアを提供することを決意したという。

 

「他の人たちは、怖くてやりたくないというだけで背を向けてしまいますが、フィリピン人は困難に立ち向かい、最後まで協力してくれます」とキャスターは言います。"COVIDがあっても、私たちは奉仕します。それが私たちの情熱だからです。"