フィリピンニュース(色々)

現地情報をお伝えします

ワクチン義務化ではない。(いったいどっちや??)

昨日の報道に対して、教育委員会の委員長が否定しました。

ただ、義務化するかは学校の判断。。。ってどっちやねん?

 

フィリピンあるあるですが、

フィリピンの人に何か聞いても”どっち”か

よく分からない回答が返ってくる事度々。

 

個人の感想ですが。。。

日本人と比べると、

ニュースに興味が薄い人も多く、そもそもメディアも

もっと言えば情報源自体がどっちよ??って事があるあるのです。

多分この国を理解する上で、ここ重要かもな〜と思ってます。

 

newsinfo.inquirer.net

CHEd:大学の対面授業では予防接種は義務ではない


12歳から17歳までの年齢層を対象としたワクチン接種が継続されており、合併症のある未成年者を優先しているため、金曜日にラスピニャス総合病院で両親に付き添われたティーンエイジャーがCOVID-19の初回接種を受けました。


フィリピン・マニラ - 高等教育委員会(CHEd)の委員長であるプロスペロ・デ・ベラ3世によると、大学の限られた対面授業に参加する学生にとって、予防接種を受けることは必須条件ではないという。

デ・ベラ氏は、高等教育委員会の2022年予算案に関する上院公聴会で、同委員会が対面授業を受ける学生にCOVID-19ワクチンの接種を義務化したいと述べたとの報道を受けて、このように明らかにした。

 


同氏はその発言を否定しました。COVID-19の接種を出勤・通学に義務化する国の政策はありません。

しかし、CHEd委員長は、生徒へのワクチン接種を義務付けるかどうかは、学校自身の判断によると強調しています。「私たちは予防接種を義務化していませんが、大学は自分たちの施設を管理しているので、予防接種を行うことができます。これが私の立場です」とDe Vera氏は述べています。


デ・ベラ氏によると、私立学校自身が、特に学生運動選手にワクチン接種を義務付けることを提案しているという。

フィリピン大学体育協会(University Athletic Association of the Philippines)と全米大学体育協会(National Collegiate Athletic Association)のメンバー校は、木曜日に学生へのワクチン接種を開始しました。しかし、これらの学校は、トレーニングや競技を再開するために、ChEdや他の国の政府機関の承認を待っている状態です。


CHEdは休暇を義務化することに反対していますが、De Vera氏は、学生や教師は接種することが推奨されると述べています。


デ・ベラ氏は、対面授業の再開が許可された医療コースにおいて、CHEdは1月以降、学生と教員のCOVID-19感染率を1%とモニターしていると述べました。

より高い感染率を期待
デ・ベラ氏によると、CHEd傘下の教員や教育関係者の71%がすでにワクチンを接種しているという。

デ・ベラ氏は別のブリーフィングで、委員会はリスクの低い地域での対面授業を許可する前に、大学生や学校関係者だけでなく、学校が所在する地方自治体での高い接種率を待っていると述べた。

「学生は自宅から学校まで移動するので、学校内の状況だけでは判断できません。生徒は自宅から学校まで移動し、公共交通機関を利用しますから、学校内の状況だけでは判断できません」と述べています。

 

De Vera氏は、生徒のワクチン接種率が27%とまだ低いことを指摘し、次のように述べています。"ワクチン接種率が低いままでは、生徒とその家族の福祉を賭けることはできません。"

現在、対面式の授業が許可されているのは、医学および関連健康科学、工学および技術プログラム、ホスピタリティおよびホテル・レストラン管理、観光および旅行管理、海洋工学、海洋輸送など、特定のコースに限られています。

一方、マニラ首都圏では、政府の小児用予防接種の第2フェーズが拡大され、合併症を持つ未成年者がCOVID-19の初回接種を受けています。

最初の8つのパイロット病院から、首都圏の17の病院がこのプログラムに加わりました。

保健省によると、第1段階では、12歳から17歳までの約4,640人の未成年者に、この層に承認されている唯一のワクチンであるモデルナとファイザーの2種類のワクチンが接種されました。

小児用ワクチン接種プログラムの第3段階は11月5日に予定されていますが、今回は高齢者の50%以上がワクチン接種を受けている地域で行われます。

コルディリェーラ、イロコス、カガヤンバレー、中央ルソン、カラバルゾン(カビテ、ラグナ、バタンガス、リザール、ケソン)、東ビサヤ、北ミンダナオ、カラガである。

ケソン市では、同市における集団免疫の達成に向けた取り組みの一環として、12歳から17歳までの合併症を持つ未成年者へのワクチン接種のオンライン予約を開始しました。

 

金曜日から、子供の予防接種を希望する親や保護者は、QC VaxEasyのウェブサイト(qceservices.quezoncity.gov.ph/qcvaxeasy)、または各バランガイを通じて登録・予約することができます。