フィリピンニュース(色々)

現地情報をお伝えします

「ノージョブ・ノーペイ」制度の調査を

何のこっちゃ?!と思いましたが、

読み進めていくと中々厄介な問題なようです。

 

先達の事。

オルテガス周辺のレストランで食事した時、

ワクチン接種証明書と🆔の提出を求められました。

 

写真撮ってましたが、まさかウエイトレスの個人的な趣味という訳ではなく、何処かに提出する為に写真撮った。。。と推測します。

 

この記事から、顧客は接種義務で従業員は無しでもOKなんてあり得ないでしょう❤︎

 

制度の矛盾がここでも起きているんでしょうか。。。

以下

 

newsinfo.inquirer.net

フィリピン・マニラ】一部の雇用者は、COVID-19の完全な予防接種を受けたことを証明するまで、従業員の給与を違法に差し控えると、主要な労働団体が日曜日に主張した。

フィリピン労働組合会議(TUCP)は、「雇用者がワクチンを接種していない従業員に課している『ワクチンなし、給料なし』の制度は、非人間的で違法であると強く非難する」と述べた。

 

TUCPは、さまざまな事業所の複数の労働者が、上司から予防接種カードの提示を求められたために給料が支払われなかったと報告していることを指摘しました。

TUCPによると、被害を受けた労働者たちは、解雇されるかもしれないという理由で身元を明かして苦情を言うことを恐れ、代わりにTUCPに介入を依頼したとのことです。

 

「TUCPは、これらの使用者が行っている職場でパワハラを強く非難します。これは明らかに、無力な労働者に課せられた非難すべき差別とハラスメントの行為である」とTUCP会長で党員リストの議員であるレイモンド・メンドーサ氏は述べた。

 


「我々は、労働者にワクチン接種を強制するこのような計画は違法であると雇用者に警告します」と付け加えた。

 

また、労働法第116条では、雇用主が「労働者の同意を得ずに、力ずく、こっそり、脅し、その他のいかなる手段によっても」労働者の賃金を保留することを禁じていると述べた。

 

また、昨年2月に成立した共和国法No.11525(Covid-19ワクチン接種プログラム設立法)の第12条を引用した。

 

この条項では、ワクチンカードは、"教育、雇用、その他同様の政府取引目的のための追加的な必須要件とはみなされない "とされています。

 

TUCPは、「ワクチンなし、給料なし」の制度を実施している事業所の名前を労働雇用省(DOLE)に提供し、労働者の権利を守るために労働局が直ちに検査を行うことを求めた。

また、メンドーサはドールに対し、「ワクチンを接種していない従業員の給料を差し引いた場合に雇用主に課せられる罰金や懲役について明確に説明する」という別の労働勧告を出すよう求めた。

 

「労基署は、このような慣行が広まって常態化する前に、直ちに行動しなければならない」と警告した。

 

Divided opinion
Business leaders on Sunday said this should not happen because it is currently illegal. However, they had different opinions when asked if the government should eventually allow the private sector to require their employees to be vaccinated.

 

賛否両論
日曜にビジネスリーダーたちは、このようなことはあってはならない、なぜなら現在は違法だからだと述べました。しかし、政府は最終的に民間企業が従業員に予防接種を義務付けることを認めるべきかどうかという質問に対しては、異なる意見を述べた。

 

フィリピン経営者連盟(Ecop)の会長であるセルジオオルティス・ルイス・ジュニア氏は、企業が従業員に予防接種を義務付けることは許されないと述べた。

 

特に、問題がワクチンを躊躇するのではなく、供給の制約によるものである場合には、ワクチンの義務化に政策を移行すべきではないと付け加えました。

 

「なぜ、ワクチンを受けていない人を悪者にするのか?[彼らの多くの場合、彼らのせいではありません。ワクチンが十分にないのです。なぜ彼らを苦しめるのか」と、英語とフィリピン語を交えて語りました。彼は、企業はその代わりに、最低限の健康プロトコルの実施に集中すべきだと述べた。

 

しかし、他のグループはEcopの立場を共有していない。今月初めには、13のビジネスグループや団体が共同声明を発表し、政府はワクチンを接種していない人の求職を拒否することを認めるべきだと述べた。

署名者の一人であるGo Negosyo氏は、日曜日に、政府が労働集約的な企業に対してワクチン接種の義務化をいつか認めることをまだ期待していると語った。

 

署名者の一人であるGo Negosyo氏は、日曜日に、政府が労働集約的な企業に対してワクチン接種の義務化をいつか認めることをまだ期待していると語った。

しかし、今のところ、その創設者であり、起業担当の大統領顧問であるジョーイ・コンセプシオン氏は、これらの政策はまだ合法ではないと述べているが、まだ実施している企業があるとは聞いていない。

 

「現時点では、そのようなことをしている雇用主を知りません。IATF(新興感染症管理のための省庁間タスクフォース)や大統領から、このようなことが許されるという条例や覚書はまだ出ていません」とコンセプシオンは言う。

 

「私たちは、予防接種を受けていない人が最も高いリスクを負うことになるので、全員が予防接種を受けることを要求しているのです」とコンセプシオンは述べています。

 

この共同声明には、マカティ・ビジネス・クラブ、フィリピン・ビジネス・フォー・エデュケーション、フィリピン・エコゾーン協会、フィリピン・バンカーズ・アソシエーション、フィリピン・ファイナンシャル・エグゼクティブ・インスティテュートなども署名している。

 

「私たちは、誰もがワクチン接種について決定する権利があると信じていますが、国や民間企業は公益のためにワクチンを接種していない人の活動を制限することができるべきだと考えています」と述べています。

 

DOLEの警告
COVID-19の公式接種が開始された後の3月12日、労働局は雇用主に対し、ワクチン接種を拒否する労働者を解雇したり、差別したりしないよう警告する通達を出した。

 

それによると、雇用主は従業員にワクチン接種を勧めるべきだが、それを怠ったり拒否したりしても解雇の理由にはならないという。また、そのような不履行や拒否が、在職期間、昇進、研修、給与、その他の雇用上の利益における差別を正当化する理由にもならない。

 

また、雇用主は労働者に予防接種を受けることを奨励すべきであるとしています。また、雇用主は会社の予防接種プログラムの費用を労働者に転嫁してはならないとしている。労働局は2021年6月、国がA4カテゴリーに属する3,550万人を対象に予防接種プログラムの展開を開始した後、同様の明確化を行った。

 

COVID-19タスクフォースは、A4の基準を簡略化し、職場に物理的に存在する必要のある民間部門の労働者を含めるようにした。

 

8月5日、マニラ首都圏の予防接種会場には、予防接種を受けていない人は政府からの現金給付を受けることができず、また封鎖期間中の出勤も許可されないという噂が流れ、大勢の人が押し寄せたため、保健省は「ワクチンなし、仕事なし」という方針は認められないと繰り返し述べました。

DOHは、"予防接種を受けないことを選択した従業員や、予防接種を受けられなかった従業員は、雇用の面で差別されない "と強調している。