フィリピンニュース(色々)

現地情報をお伝えします

日本からの出資金による12のBuild計画

マニラブリテンに気になるタイトルがあったので。。。

 

12 Japanese funded ‘Build, Build, Build’ projects

https://mb.com.ph/2021/10/06/12-japanese-funded-build-build-build-projects/?amp&__twitter_impression=true

 

国際協力機構(JICA)は、マニラ首都圏の6つの都市とその周辺の州を通るウエストバレー断層から発生するマグニチュード7.2の最悪の地震「ビッグワン」を含む大規模地震に対して、高い耐久性と安全性を備えた橋梁の改良計画を作成するために、公共事業・高速道路省(DPWH)と共同で実施した調査「大規模地震に対する防災対策による橋梁の改良に関する調査プロジェクト」を発表しました。

 

橋梁は、地震などの災害時に重要なライフラインの一つです。これに伴い、日本はマニラ首都圏の2つの主要な橋を中心に、国内の橋の耐久性や安全性を向上させるための支援を行っています。

 

昨年、JICAはフィリピン政府と融資契約を締結し、マニラ市サンタ・アナにある既設のランビンガン橋と、マンダルヨン/マカティ市EDSAにあるグアダルペ橋を架け替える「マニラ首都圏優先橋耐震化プロジェクト」に日本の政府開発援助(ODA)を提供しました。

 

グアダルーペ橋とランビンガン橋の耐震性能の向上は、旅客輸送の90%、貨物輸送の50%がこれらの幹線道路を通過することから、大規模地震発生時のマニラ首都圏の道路網の改善と回復力の向上に貢献します。

 

また、日本は、"Build, Build, Build "をはじめとするフィリピン政府の数々のプロジェクトへの支援を約束しています。日本の菅義偉首相は、2021年7月に行われた日比友好65周年記念のメッセージの中で、このことを再確認しました。

日本は依然としてフィリピンのODAのトップソースであり、112億ドル相当の積極的な補助金・融資を行っており、2020年時点で同国が受け取った対外援助総額の36%を占めている。

 

ここでは、JICAを通じた日本からの借款や助成金によって行われているその他の「Build, Build, Build」プログラムを紹介します。

 

道路アップグレード・保全プロジェクト


このプロジェクトは、全国の幹線国道約1,088.23kmを改良・保全し、輸送能力と効率を高め、道路の持続可能性を確保するものです。

 

幹線道路バイパスプロジェクト、フェーズ3(プラリデル・バイパス


NLEXに沿ってバラクタスのボロル村からブラカン州のサンラファエルまでの24.61kmの既存路線を拡張することで、両地点間の平均移動時間を69分から24分に短縮しました。

 

ダバオ市のバイパス建設プロジェクト


これにより、ダバオ市の交通物流の改善と混雑の緩和が図られ、同市の経済発展と健全な都市開発に貢献する。

 

中央ルソンリンク高速道路プロジェクト、フェーズI


この30kmの4車線高速道路の建設が完了すると、ターラック市とカバナトゥアン市間の移動時間が70分から20分に短縮される。

 

ミンダナオ島の紛争被災地における道路網整備プロジェクト

 

ミンダナオ島の紛争地域における道路網整備プロジェクト
このプロジェクトは、イスラム教徒ミンダナオ州バンサモロ自治区(BARMM)とミンダナオ島の他の地域を結ぶ、約174.58キロメートルのアクセス道路の開発、建設、改良を行うものです。このプロジェクトにより、貧困の緩和、紛争の抑制・予防、地域の平和と秩序の促進が図られます。

 

マラウィ市の復興支援プログラム


マラウィ・トランスセントラル・ロードの再建・修復を行い、ニューセントラル・ビジネスの開発と平和構築の取り組みを支援します。

マニラ首都圏インターチェンジ建設プロジェクトフェーズVI

EDSAルーズベルト
ケソン市の4つの主要交差点にインターチェンジを建設し、マニラ首都圏周辺の深刻な交通渋滞を緩和し、輸送能力と効率を向上させます。

セブ・マクタン・ブリッジ(第4)および海岸道路建設プロジェクト


セブ本島のマンダウエ市とマクタン島のラプラプ市を結ぶ長大な道路橋と接続する海岸道路の建設により、輸送能力と効率が向上します。

カガヤン川、タゴロン川、イムス川の洪水リスク管理プロジェクト


このプロジェクトは、影響を受けたコミュニティにおける洪水や浸水による被害を軽減することを目的としています。カガヤン川サブプロジェクトでは、トゥゲガラオ市のアリバゴ、エンリル、カタガマンで最も浸食された川岸のための護岸構造物の建設、タゴロアン川では河川堤防の建設、河道の部分的な掘削、排水路の改善、イムス川サブプロジェクトの一環としてイムス川とバコール川に沿って2つのオフサイト・リターディング・ベースンの建設が行われる。

 

カガヤン・デ・オロ川の洪水リスク管理プロジェクト

 

このプロジェクトは、マカジャラール湾からペラエズ橋までのカガヤンデオロ川ストレッチ沿いのコミュニティの洪水リスクを軽減することで、気候変動やその他の自然災害に対する耐性を強化するものである。

 

カビテ工業地域洪水管理プロジェクト


このプロジェクトは、カビテ州東部のサンファン川流域とそれに隣接するマアリマンゴ排水路に位置する。このプロジェクトは、サンファン川流域を覆うカビテ工業地区の洪水を軽減する。556ヘクタールのエリアにある約7,000戸の住宅が洪水から守られます。

 

パシグ・マリキナ川水路改修プロジェクトフェーズ4

 

このプロジェクトは、Manggahanコントロールゲート構造の建設、Cainta川とTaytay川の合流部にあるManggahan Floodwayへの2つのフラッドゲートの建設を含むMiddle Marikina川の水路改良工事により、洪水と浸水を減少させ、洪水被害や住民への悪影響を軽減するものである。